一猟一会

単独猟をするサラリーマンのブログ

サラリーマンに罠猟はできるのか

サラリーマンに罠猟はできるのか。

 

f:id:tsuriyakanehachi:20200221232141j:image

 

あくまでもコレは【僕の場合】なので、皆さんには当てはまらない部分も多くあると思いますが、一例として読んでもらえれば。と思います。

サラリーマンに罠猟はできるのか

今までの記事でも、ちらほらと言ってきましたが。
僕はですね。元々、罠猟をしようと思ってたんですよね。
狩猟に興味を持った時から、いろいろと調べた結果。でもありました。

 

①初期投資がお手軽。

②狩猟免許だけでお手軽。

③獲れたらお肉独り占め。

④余すことなくお肉がとれる。

⑤美味しいお肉ができる。

良いですよね。罠猟。 


①初期投資がお手軽。

えぇ。そうなんですよね。
まぁ、数を揃えるとなるとそこそこのお値段しますが、くくり罠の場合。
ある程度の工具を揃えれば手作りも出来ますし、各パーツ別で販売されているので、
お好きにカスタマイズできるわけですよ。
かの生け捕りマイスターの方は弁当箱型と言われる四角いヤツを愛用されていますが、
それも似たようなものが規格としてネットで販売されています。


穴を掘らないくくり罠 NH-20TypeC

 

ある程度は繰り返し使えますし、悪くなったところは部品を交換するだけでいいのでランニングコストもお手軽。

②狩猟免許だけなのでお手軽。

銃猟と違い、超カンタンな狩猟免許(罠猟)を取得すれば、
あとは狩猟者登録をするだけ。お手軽。

③獲ったお肉は独り占め。

そうなんですよね。
銃を使ったグループ猟では、獲ったお肉はみんなで分け合うじゃないですか。
でも、罠猟だと、獲ったお肉は自分のもの。
そのかわり、初めから最後まで自分でやらなくてはいけません。
そのくらいの気組みは、ねぇ。みなさん持ってるはず。

④余す事なくお肉が取れる。

コレ、僕としては非常に大事でした。
銃を使った猟の場合、どうしても弾が中ったところは血が回ってしまい、真っ赤になってしまうんですよ。
そして、その真っ赤な部分は皆さん食べないんです。
えぇ。モモだろうと背ロースだろうと。食べないんです。

どうしてみんな食べないんだろう?と思い、真っ赤な肉を一度食べてみたんですが。

鉄錆のような不快臭が口の中に広がる。

なるほど納得。となりました。

その点、罠猟だと、お肉にキズをつける事なく回収できる。
というわけです。
胸元にエイっ!したり。電気ビリビリしたり。頭部をパン!したり。ですね。

クビからスネまで余す事なくお肉がとれる。というわけです。

⑤美味しいお肉ができる。

コレも僕の中では大きかったですね。

罠猟の場合、例えば胸元にエイっ!した場合。

獲物は失血死する事になります。
と、言う事は、いい感じに血抜きができるわけですね。
僕の浅はかな知識で言えば、血中に入り込んだバクテリアが増殖し、
肉に臭みを与える。的な認識でして。

もちろん、時期、場所、雄、雌、等。で個体差はありますし、
僕は雄の猪のツーンとするのが苦手なので、全てに置いて、ではありませんけどね。

素早く放血し。素早く内臓を抜き。素早く冷却する。
低温を保ったまま死後硬直が解けたタイミングで解体する。

この流れで精肉したお肉は非常に美味しい。

 

そう。
罠猟のお肉は美味しい。

 

と、言うわけで罠猟に興味を持ったわけです。

 

しかし、僕は今、罠免許すら持っていません。

では、なぜ罠猟をしなかったのか。そこには、大きな問題がありました。

問題点

①設置場所問題

②見回り問題

③解体問題

まぁ。
当時の僕が断念するには充分な問題がありますね。
しかし、今期狩猟をして。いろいろと学びもあり、少し考え方に幅を持たせてみました。

 

①設置場所問題

そうです。まず、どこに罠を設置するか。ここで悩みました。

僕の住んでる場所は京都のプチ田舎。
中心部へのアクセスも微妙でベッドタウンになりきれていないタイプのお布団タウン。
畑がなくなり家が建つ。それを繰り返して少しずつ人口は増えているそうです。

プチ田舎で、そこまで過疎っていないため、猟場へのアクセスは良いと言えます。

と、言う事は。

縄張り。ですね。

まぁ、縄張りと言っても、
『あそこは〇〇さんが罠仕掛けてるから近くに置いちゃダメ。』
という事を近所の罠猟をしている農家さんからよく聞かされました。

 じゃあ、どこだったらいいんだよ!って話ですよ。

実際、僕の近所の山は全て誰かの縄張りであり。
新規参入の余地などない。という事でしたけどね。

しかし、一つだけ罠が設置できる場所がありました。

国有林。

えぇ。
罠を設置するにあたり、大事なのは山の持ち主さんの許可であったりするわけですよ。
考えれば当たり前の話なんですが、罠を設置するのは誰かの所有地なわけです。
だから、その山の持ち主さんに許可なく罠を置こうものなら
「誰がこんなとこに罠置きやがった!」となるのも無理ない話。
縄張りを主張する人はその辺も上手いことやってる。ってわけですよ。

だからこその国有林。

森林管理局から罠の設置を許可してもらえれば
縄張りも何もないわけです。

幸い、僕の住む地域の近くにも
銃猟禁止区域に指定されている国有林がありました。

 

②見回り問題

罠を設置した以上、毎日の見回りは日課となります。
雨の日も雪の日も腰を痛めた日も。

まぁ。これは、近所であればクリアできると思います。
毎朝出勤前に罠を見てから出勤。

電車通勤の方や、罠の設置場所から離れて暮らしている方は、この辺がキツそうですね。
打開策としては、
いらなくなったスマホを格安プランで再契約してスカイプをインストール。
自動接続をONに設定して、防水対策をキチンとした後、罠にカメラを向けて木にでも括り付けておけば、
今持ってるスマホとスカイプして簡易オンラインカメラ化できるらしい。

電波がある場所ならなんとかなる。かも。


③解体問題

これはねぇ。
なかなか大きな問題だと思います。

いつ、どこで、解体するのか。ですね。
出勤前の平日。
罠の見回りに行くと大きな猪が掛かっていた!
さて、どうする!

出勤を放棄し、猪の首に刃物をエイっ!とすれば、
社長がぼくをエイっ!とクビにするでしょう。

かと言って、ほったらかしで出勤したら。
猪が足をちぎって逃げるかもしれない。
逃げようともがき続けた後、衰弱して死んでしまうかもしれない。

休日の前日に罠をしかけるしかない。

金曜日の夜に罠を仕掛け、日曜日の午後に回収する。
これしか方法は見当たりませんね。

箱罠であれば、金曜日の夜にトリガーを掛け、日曜日の午後にトリガーを外す。もしくはロックをかける。


解体場所は、現地解体。近くに沢があればなお良し。

僕は家の一画に簡単な解体場を設けるつもりでしたが、ちょっとそれは難しそう。

理想的なお肉を求めるなら、いかに衛生的に現地で解体できるか。をもう少し考えてみる必要がありそうです。

 

 

以上の点を踏まえた結論は。

 

その気になればできなくもない。
しかし、労力はハンパない。

 

だと思います。はい。

 

僕は、

www.ichi-ryo-ichi-e.com

こういう理由で結局罠猟はまだ模索中です。

頑張れば出来なくはなさそうだけど
家族への負担は今より多くなるので、その辺がネックですね。

 

ありがとうございました。

 

ぽちっとして頂けると
昔のスマホが見つかるかもしれません。
⇩⇩⇩⇩⇩
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

つりやかねはち (@tsuri_gane) | Twitter
ツイッターもよろしくお願いします。