一猟一会

単独猟をするサラリーマンのブログ

ミロクMSS-20にマウントベースを取り付ける

いやぁ。非常に長かったですね。えぇ。
いや、コロナの話ではないですよ。
そうですMSS-20のマウントベースが手に入るまで。です。
控えめに言ってめっちゃ時間かかりました。

いやね、実は3月にアメリカから個人輸入で手に入れようと発注していたんですがまさかの荷物が行方不明になってしまい、返金処理してもらった。という経緯がありまして。

MSS-20を2月に手に入れたのにもう6月ですよ!
ケロッグコンボくらいもう我慢できねぇ!になってしまいまして。
非常事態宣言も解除されたという事もあり、しっかり予防しつつ銃砲店さんへマウントベースを買いに行ってきました。

ミロクMSS-20のマウントベース

まぁ、今回のテーマでもあるんですが、MSS-20専用のマウントベースってそもそもないみたいなんですよね。だいたいブローニング純正2ピースマウント標準装備。みたいな。

じゃぁ、どの規格ならMSS-20に取り付けられるのかと言いますと。

A-BOLT規格のライフルマウントベースです。
まぁ、A-BOLTもミロクで作られていますので、同じ規格なのには納得ですよね。しかし、なぜライフルマウントを強調したのか。それはこの後のお楽しみです。ぐふっ。

さて、
僕のMSS-20にどんなマウントベースを付けるのか。それはもう事前に決めていました。
そう。ワンピースマウント。
僕が使用しているスコープはLEUPOLD VX-FREEDOM,1.5-4です。
いわゆるショートスコープなんですよね。なので、取り付け位置が広いワンピースマウントがよかったんです。

それともう一つ。0MOAであること。

MOAとは

MOAとは、100ydで1inchの勾配を指します。
なので、ライフルマウントでよくある20MOAっていうのは、100ヤード先で20インチ下を向いている感じなわけですよ。
ライフルのマウントベースを取り付けるうえで一つの基準としてよく書かれているのが、500mまでは0MOA。500m以上狙うなら20MOA。みたいな。
それを考えると、スラッグはライフルに比べて弾速もめっちゃ遅いし。重いし。射程距離も短いし。弾頭が降下していくのも早いので20MOAのマウントベースでも良い気がしますが、なんとなく僕は0MOAがいいな。と思った次第です。はい。

 

銃砲店さんにMSS-20に取り付ける0MOAのマウントベースを探していると告げる。

えぇ。こういうのはね、しっかり意志を伝えないといけないんで。
つ「MSS-20に取り付ける0MOAのマウントベース探しているんですが」
店「あ、コレですね。」
つ「え、あ、じゃぁ。それで・・・ん?これ、0MOAですか?」
店「はぁ。・・0MOAですけど・・・。」
つ「あ・・いや、どこにも0MOAって書いてなかったもんですから。・・・すいません。」
店「はぁ。・・1万1千円です。」

という、ちょっとイラっとくる対応だったんですがここはぐっとこらえて購入。
それがコチラ。


f:id:tsuriyakanehachi:20200604231256j:image

EGW(エボリューションガンワークス)というちょっと中2が好きそうな名前のメーカーの物。

f:id:tsuriyakanehachi:20200604231252j:image

裏にはしっかりと
A-BOLT12GAUGEと書いてあります。

以前このメーカーのA-BOLT用0MOAのマウントベースを調べていた時には
裏にA-BOLT LA0MOAって書いてあったはずなんですが、もしかしたら多少のデザイン変更があったのかも。程度に思っていました。


f:id:tsuriyakanehachi:20200604231303j:image

あれ?・・・ちょっとまて!勾配ついてないか!?

 

f:id:tsuriyakanehachi:20200605085642j:image

え?嘘やろ。
あんな嫌な態度とられてまで購入したんだぞ。
あんな嫌な感じで「はぁ・・0MAOですけど・・・。」っていう素人見下し対応をぐっとこらえてまで購入したんだぞ。

いや、これは取り付けたら0MOAパターンなのかも!


f:id:tsuriyakanehachi:20200604231244j:image

めっちゃ勾配ついてるやないか!
ちょ・・コレいったい何MOAあるんや。めっちゃMOAしとるぞコレ。

めっちゃ見下し対応してたあの店員の顔を思い浮かべ・・・
「はぁ・・0MAOですけど・・・。」

 ぐぬぬぬ。。。

 

まぁ、すぐに銃砲店に電話して、返品してきました。

どうやらA-BOLT用とは言え、SHOTGUNマウントはMSS-20とマッチしないらしい。とのこと。

 

まぁ、その後いくつか銃砲店さんに電話して聞いてみたものの、やはり、0MOAのマウントベースは在庫が無く、海外からの便が動いていないためいつ入って来るかわからない状況だ。という返答を頂きました。

 

しかし!あるところにはあるもんだ!

http://eikoh-gun.com

ガンショップ栄興さんにありました。
いや、ありましたというか探してもらったというか。ほんとうにありがとうございました。

そんな栄興さんに教えてもらったんですが、
「MSS-20に0MOAマウントでゼロインできなかった事があり、それ以降、当店では20MOAをオススメしている」と言う事。

確かに、上にも書きましたが、
500mまでなら0MOAというのはあくまでライフルが基準。
弾速も遅く射程距離も短いスラッグならなおさら。落下速度も速いためスコープの枠内に収まらない。なんてこともあり得ない話ではないなぁ。と思いましたね。

しかし、そこは栄興さんの粋な計らいがありました。
「もし、ゼロインできなければ返品交換の対応しますので遠慮なくどうぞ」

 

なんて良い銃砲店なんや!

 

それに比べあの素人見下し系ナメプ店員・・・ぐぬぬ。

 

そして、栄興さんから購入したのがコチラ。


f:id:tsuriyakanehachi:20200604231248j:image

LEUPOLDのBACKCOUNTRY

まぁ、ホント、ぼくはつくづくLEUPOLDに縁があるらしい。

しかし、これもまたパッケージにはMOAの表記はない。
ちょっと心配ではあるが・・・。


f:id:tsuriyakanehachi:20200604231320j:image

0MOA!


f:id:tsuriyakanehachi:20200604231453p:image

0MOA!

 

やったー!ついにマウントベースが付きました!
長かった!実に長かったです!!

 

さて、次回はいよいよスコープがのります。

 

 

ありがとうございました。

 

 クリックしてもらえると
⇩⇩⇩⇩⇩⇩ ランキングとモチベがアップします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


ツイッターもよろしくお願いします。 
https://twitter.com/tsuri_gane