一猟一会

単独猟をするサラリーマンのブログ

スラッグ リロード#20 製造編

いやぁ。ホント、
リロードやるやる。
って言いながら全然出来ていなかったわけなんですけどもね。
やっとこさリロードする事が出来ました。

まぁ、これは言い訳なんですけどもね、
雷管が手に入らなかったんですよ!

えぇ。もぉ、全然!!

どこに聞いても売り切ればっかりで入荷待ち。

某射撃場では、
去年の10月から言っていたのに未だに入荷待ち。

もう辛抱たまらん!!

ってことでね、他県のリロード系に強い銃砲店さんから購入しました。

送料も火薬も少々割高になりましたが致し方なし!
待てども待てども買えないんで選択肢がなかったってのもありましたけどね。

とは言え、そろってしまえばこっちの物!

いよいよ製造です!!いやっほう!

 

 

f:id:tsuriyakanehachi:20200814151442j:plain

製造

製造に必要なのは
空薬莢・雷管・火薬・弾頭・ワッズ・クリンパ。
と言ったところでしょうか。

今回は、
リローダーはLEE。
クリンプには卓上ボール盤を使用しています。

空薬莢

RBのコンペとRDのフィールドを使用ました。
同じレッドバードでも、ハルの硬さが違ったりするので、
その辺の違いも知りたいな。というところですね。

雷管

フェデラルの散弾用雷管を使用しました。
ウィンチェスターの雷管も気になりましたが
今回は比較的評判のいいフェデラルにしました。

ウィンチェスターの雷管もいずれは挑戦したいところですね。

火薬

HODGDONのロングショットを使用しました

今回の火薬量は
21gr~26gr の間で5発ずつ10パターンで50発。

0.5grでも十分着弾に違いが出るという事だったんですが、
幅広くデータを取りたかったので1gr刻みにしました。

弾頭・ワッズ

f:id:tsuriyakanehachi:20200814151328j:plain

ワッズと弾頭はどちらもSAVAROG。

弾頭はZERO-BOY。ワッズも専用ワッズを使用しました。

ビス止めがなかなか大変でしたね。
ど真ん中に取り付けないと、弾頭とワッズがズレるので、
ど真ん中に真っすぐビスを揉みこまないといけないわけです。

クリンパ

f:id:tsuriyakanehachi:20200814151220j:plain

某BALLISTICプロダクツから個人輸入した1本爪ロールクリンパを使用。

スタークリンプでも良かったんですが、
せっかく卓上ボール盤を購入したので、ロールクリンプに挑戦しました。

1本爪だからなのか、満足いくほどキレイにはできませんでしたね。

すぐに3本爪のロールクリンパをポチりました(笑)。

 

さいごに。

こんな感じで50発。

さて、どんな感じになるのかは想像もできませんが
今回は極力多くのデータを取るのが目的なので、
すぐに答えが出るとは思っていません。

ヒントやとっかかりが欲しい。というのが本音ですね。
いや、やっぱマグレでワンホールの弾できないかな。とか思ってたりします(笑)。

というか、

そもそもちゃんと飛ぶのか?というところなんですけどね。

さて、

次回は10パターン全ての
結果報告させていただきたいと思います。

 

 

ありがとうございました。

 

ぽちっとクリックして頂けると
⇩⇩⇩⇩⇩⇩  めっちゃ喜びます。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


ツイッターもよろしくお願いします。

twitter.com